神経細胞を素早く反応させるdhaのサプリは比較サイトで選ぼう

夫婦

血糖値を下げて健康になる

血液

ヘモグロビンa1cが高いと糖尿病になるかもしれないため、ナットウキナーゼを使ってみると良いです。食事後のブドウ糖吸収を緩やかにしてくれる対策として使えます。またピニトールはインスリン感受性を高めて血糖値を下げてくれるのです。

もっと読む

血圧対策に取り入れて

シニア

様々な病気を引き起こす現代病の一つである高血圧は、改善には生活習慣を改めることが重要ですが、サプリも効果的です。多くの成分が効果的といわれ、商品により配合は多様です。サプリは食品のため効果を感じるには最低1ヶ月は飲み続ける方がよいでしょう。

もっと読む

認知症予防に必須の成分

錠剤

減少避けられない神経細胞

現時点で全国の認知症患者数は400万人を上回っており、20年後には700万人に達するとも言われています。誰でも将来的なリスクを持つ認知症のうち、半数以上を占めるのがアルツハイマー型です。アルツハイマー型認知症は神経細胞の死滅による脳の萎縮を特徴としており、発症すると記憶障害や認知機能の低下が見られます。脳は約140億個の神経細胞とその50倍のグリア細胞から構成されています。記憶や思考・認知といった脳の主要な機能の担い手は神経細胞ですが、神経細胞数は20歳をピークとして以後の減少が避けられません。残された神経細胞が失われた分をカバーすることで、表面上変わらない脳の機能を維持しているのです。こうした脳機能は神経細胞間の連携によって支えられています。140億個という神経細胞同士の反応が早ければ早いほど、頭の回転が早くなって高度な思考力を発揮できるのです。この反応に重要な役割を果たしているのが、細胞膜に含まれるdhaという不飽和脂肪酸です。dhaの量が多いほど細胞膜が柔軟になり、神経細胞が早く反応します。日本人は魚をよく食べているため、青魚に多く含まれるdhaも不足することはありませんでした。

脳を若返らせ認知症を予防

近年は日本人の間でも魚離れが進んでおり、多くの人がdha不足に陥っています。認知症患者が増えている背景には、食生活事情も関係している可能性があるのです。短期記憶を司る海馬という部分は特に神経細胞の反応性が要求されるので、dhaも2倍多く含まれています。認知症を発症するとまず物忘れという形で初期症状が発生しますが、これは海馬の機能が低下した状態と考えられます。不足しがちなdhaをサプリメントで補えば、海馬も強化されて認知症予防につながります。サプリメントを選ぶ際には配合成分の比較が欠かせません。サプリメントの多くは同じ青魚に多いepaを同時配合しているため、dha含有率の高い製品を選ぶのが比較のコツです。不飽和脂肪酸は酸化しやすいという点にも注意が必要です。ビタミンEなど抗酸化成分が同時配合されたサプリメントなら酸化しにくいので、比較する際の参考にするといいでしょう。魚が不足しがちな人でもこうしたサプリメントをうまく活用すれば、脳を活性化して認知症を予防することは可能です。サプリメント比較サイトでもdha含有率の高い製品は人気も高く、認知症予防に中高年から期待されている点が窺えます。

サプリの選び方として

ゴマ

セサミンには抗酸化作用がありますので、高血圧の予防や改善効果があります。また、ニキビの治療効果もあります。しかも、細胞の酸化を防止する役割もあります。そのため、がん予防にもなります。セサミンのサプリを選ぶときはカロリーと含有量のバランスを確認しましょう。

もっと読む